studio-FOX

アクセスカウンタ

zoom RSS ドローンPV FOXバージョン公開

<<   作成日時 : 2018/04/07 14:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

当社のドローンPV公開いたしました。

画像


動画はこちらから↓



なぜこのようなPVを制作したか?

最近の動画サイトなどには数多くのドローン映像が氾濫しています。
この場所は、違反じゃないのかなどと思ってしまうロケ地も多々見受けられます。

ようするに小学生でも操作できる最近のドローン。上空から見る映像はどれも同じ!
上空にドローを上げ 前後左右にコントローラーを押し倒すだけ

ドローンの種類もいろいろありますが、動画解像度などに多少の違いはありますが、最近では
低価格のドローンでも4K映像を楽々に撮れますので見た目は変わりません。

アップされた映像を観ると、春夏秋冬をイメージした動画を観ますが正直もう感動するものに
なかなか出会えません。

さてここで考えたいのは、ビジネスとして使えるドローン映像のありかたというか アマとの違いは
ブレに関してはジンバルがついているので誰が撮影しても軽減されているのですが、プロの映像は
スピード感覚と映像の静止タイム(のりしろ的な)とパーンやチルトアップダウンのスムーズさだと
思います。

例で言うと、AからB地点へ移動する場合(直進後退や左右のパーン) 動き出す前の溜めの映像と
B地点で止まるときの安定さ

車で例えるとブレーキをかけた時、同乗者を首振り人形にさせないでいつ止まったかわからないぐらいの
スピードの軽減が大事です。(使用用途によって違いもある)

もう一つの例で話すと
上空にドローンが待機してて、ゆっくりと降りてくる場合。 撮影のポイントが地面に立つ人物の場合、
人物を中心としてドローンが降りてくるにしたがいカメラはゆっくりと上に移動させる必要があります。
そうしないと、ポイントが人物ではなく景色を撮影しているところに偶然人物がいるような映像になるからです。

カメラの動きとドローンの動きの両方を同時に操作するということです。

INSのように2オペレーターで撮影している場合は練習を重ねることで早く取得することができますが
Mavic Proなどの1オペで撮影する場合は、なかなか簡単にはできません。

プロの映像を観るとここがきちんと収録されています。

話を戻します

今回のPV製作は、多くのCGを組み入れています。少しだけでもドローンの楽しさを表現できたら
いいなと思っています。 ドローンをビジネスで行っている方!他社とは違ったドローンの魅力を
組み入れたPVを作ってみませんか? ってことでテストバージョンとして一つ作ってみました。

ご興味のある方はご一報ください  http://www.tiger-fox.tokyo/



皆様のクリックが励みとなりますので、よろしくお願いします。








http://blog.with2.net/ping.php/1378751/1338726934

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
http://blog.with2.net/ping.php/1378751/1338726934
ドローンPV FOXバージョン公開 studio-FOX/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる