最近のAdobe Media Encoder

Adobe Media EncoderはAdobe Premiere ProやAfter Effectsからダイナミックリンクでエンコードできる使い勝手の良いソフトであるが

ここ最近、不具合と言うか例のヒツジの悲鳴が多すぎる(めぇ~~~~)

画像


たいして入れ込んだシーケンスやタイムラインでもないのに、なにがおかしいのか

意味不明状態によくぶつかる。


2014バージョンになり良くなっていっているはずなのにイマイチしっくりこない。

アンインストールしたり環境設定などすべて消しても変化なし。


どんなに短いものでもメディアから「キュー」を押しAdobe Media Encoderへ移動しエンコードしていたが

最近では、時間のかかる作業なのでエラー回避として「書き出し」ボタンを押してプレミア上でエンコードしてる。

その間、プレミアにて編集はストップになりますが、安心できる方を選んで書き出しにしています。


After Effectsからのダイナミックリンクは今のところ問題はないが、Premiere Proからのダイナミックリンクは

不安な状態。



さらなる安定感を齎してほしい。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック