プレミアプロCC2014 書き出しボタン押すと落ちる不具合発覚

毎回内臓のHDDにいれて編集していますが、最終書き出しの時に書き出しファイル名変更をし保存ボタン押した時点でフリーズして落ちます。 

これをキュー出しで、メディアエンコーダーで行おうとしても同じように落ちます。



最近ではメディアエンコーダーがエンコード中に急にフリーズし落ちることもあります。
(書き出しデータはAVIでもMPEGでも落ちます)


ちなみに5回に一度は落ちないで成功しますが、毎回ビクビクして押しています。



施行したこと



プレミアプロやメディアエンコーダーの入れ直し キャッシュやプレビューファイルの削除

APPフォルダー内のTEMPフォルダー内の削除 パソコン清掃 など



なんとなく思ったことは、書き出しボタンやファイル名変更の最後のボタンを押す時にかなりの負荷がかかっているような気がしました。

かといってもその負荷の回避方法が不明…



ここに至るまでは


アドビの回答は、まったくもっていつもと同じで



・管理者でソフトを立ち上げよ

・TEMP削除

・Mercury Playback Engine -ソフトウェア処理-に変更し作業せよ(レンダリング作業が増える)

・環境設定フォルダの削除せよ(Sカットkeyや大事なものが消えちゃう)

・メディアキャッシュファイルの削除をせよ(また読み込むのに時間がかかる)

・GPUドライバの更新をせよ(毎回通知が来るので忘れない)

・新規アカウントでの試行せよ(アカウントが増えるとなにかと面倒)

・システム構成ユーティリティで不要なサービスを停止せよ(している)

・ユーザアカウント制御を停止せよ(している)

・QuickTime最新版をインストールまたはアップデートせよ(している)



挙句の果てにはこれでも駄目ならあなたのパソコンの中のアドビソフトすべてを消して

一からインストールせよ指令ww



正直上記の項目は今回に至っての対処法ではなく

何か問題をぶつけると必ず返答されるマニュアルのようです。



全てのソフトのインストールし直しなど、PCが壊れるとき以外はやりたくないことですよね

長時間かかるのとプラグインなどの入れ替えが大変!



ここで一つ見つけた対処法書きます。



A 「保存名」を変更した後、下部の保存ボタンをすぐ押さないで10秒ぐらい待ってから押す。

B 「保存名」や「保存場所」を変更しないで、即、書き出す (書き出された後にファイル名を変える)

  ※ 最後に保存された場所を覚えててそこを見ると書き出されている



このBの方法で今のところ全く落ちません。(ファイル移動やリネイムが面倒ですが…)



なんともわけがわかりませんがお試しください。

PS:保存ボタンが呪われているとしか思えません(笑)


そこでadobeフォーラムジャパンに投稿したりAdobeに問い合わせたりしていたら

Windows 8.1の日本語OSの環境で、Adobe Media Encoder CC 8.2 及びPremiere Pro CC 8.2で保存先を変更、ファイル名を指定して「保存」ボタンを押すと強制終了する現象が出たと意外に早い回答が出ました。

解決策は次期アップデートに盛り込むとのことで

上記に書いた、B 「保存名」や「保存場所」を変更しないで、即、書き出す (書き出された後にファイル名を変える)   ※ 最後に保存された場所を覚えててそこを見ると書き出されている

これが推奨されていた。



W8になってからは検索方法や検索スピードが上がったので探すのは短時間で済みます。



さて、「次期アップデート」???

ちょっと気の長い話ですが今年中ってことですかねぇ?

このバグ修正は早急に直していただきたいところです

adobeさんガンバ!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック