Adobe製品がW10に対応となったようです

画像



Creative Cloud 2015がW10に対応したことは非常に安心ができますね

詳細

しかし文章を見たところ最新バージョンと書かれているので、encoreCS6あたりの起動が

どうなるかが見えていないので私はW10へのアップグレードはまだ見送っております。



どうしてここまで慎重になるかと言えば、encoreは64bitになったとはいえ

たまに起きる不具合が心配です。

Adobeでのサポートは終了しているので、起動上問題があればサブPCで利用しないとなりません。


アメリカなどではDVDやBRもどんどんなくなり、ファイルベースのものに変更されてきています。

しかし日本の市場ではまだまだDVDも納品形態となることが多く、オーサリングソフトの重要性は

不可欠なものがあります。


いずれはW10になっていくと思いますが、今しばらく待ちたいと思っております。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック