NewBlueFX社とproDAD社の競合不具合解消

長いこと悩んできた NewBlueFX社 と proDAD社 2社の競合で不具合が起きることが昨日解決しました。

なんともバカらしい原因でした。


NewBlueFX社のエフェクトやペイント効果などのプラグインをAdobeCS時代に購入しました。

そしてその後、AdobeがCCになり proDAD社のプラグインを入れ込んだわけですが

proDADのVitaScene V2 PROを映像に載せようとするとプレミアプロCCが強制終了

かなり放置していましたが、何とか解決したいと思い立ち各方面に問い合わせました。


そこで出てきたのは、グラボのアップデートは最新なのか? 再インストールしたらどうなのか?

ある意味どこのメーカーでもこれは先に出てくる文言です。

そんな中


一行このようなことがかかれていました。

NewBlueFX社のプラグインが悪さしていませんか?と


いろいろ調べた結果 NewBlueFX社をアンインストールするとproDADのVitaScene V2 PROが

問題なく起動するではありませんか! てことは、競合してて片方が使えないということなのか?


違いました!


NewBlueFX社のプラグインがCS時代とCCではインストールアプリケーションが違ったのです!

そこですべてのインストールアプリケーションをメーカーからダウンロードURLを提供していただき

すべてを最新版のインストールアプリケーションで入れ替えました!


なんと! これだけのことで両方がスムーズに起動するではないですか!

やはりハード面が進化するにつれてソフト面も進化していることに気づかないといけませんねー

いったいこのプラグインでどんなことができるのか? 短い動画ですけどご覧ください。

作品上エフェクトを多様化するのはご法度ですがこの動画は紹介として公開しました。

画像



ソフトの紹介

NewBlueFX社旧製品

・NewBlue 3D Explosions

・NewBlue 3D Transformations

・NewBlue Paint Blends



proDADのVitaScene V2 PRO(価格約7万円)


600以上のビデオフィルタ、トランジション効果を収録した、After Effects、Premiere Pro、Sony Vegas Pro、
EDIUS などに対応したエフェクト 映像をシネマチックな仕上がりにするフィルタ、光やグロウ効果から、
テキストエフェクトや多彩なトランジションまで、汎用性のあるエフェクトを多数収録。独自のインターフェイスを
搭載



2社を競合させて編集しております。

あえて使わないようなエフェクトも入れてありますが一例です








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック