一連のドローン騒動と 業務に関して

なにかと世間を騒がせているドローンによる事件の数々

一言でいうと非常に迷惑なお話です。

私たち映像業界の作品制作にはなくてはならいないようなアイテムになってきました。

数年前まではヘリをチャーターして簡単なものでも大きな予算を組んで撮影してきました。

画像


画像


親が子供とドローンを飛ばしほほえましい姿は問題ないと思いますが、インターネットで中継してみたり

パワーアップの無線で電波を妨害したり、とにかくこのような行為は私たちにとっては大迷惑の何物でも

ありません。


時代に乗り遅れると言っても小中学生がスマホで通信したりしている姿はあまり見たく無いものです。

ポケベル世代の私など、8万円もする携帯電話など社会人になってからでいいと思う今日この頃です。


さて今回の記事は、某出版社の依頼で制作しているDVD作品でドローンを使用した話です。

被写体は新幹線

海や山の見える背景で260Kmで走る姿は爽快ですね!


ファントム3が発売されるとのことで私も手に入れたくなりました。

今回は、もっと上位機種での撮影となり素晴らしい映像が撮れました。



動画の一部と撮影風景など短いですがご覧ください。

最後に、このドローンに関しては危険があることは確かです。 ですから完全免許制にし

保険などの強制加入等 審議を進めてもらいたいものです。



作品のオープニングとドローンのメイキングです





"一連のドローン騒動と 業務に関して" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント