バタフライ・エフェクトを観ました。

皆様!年末ですねー 昨晩から連続でDVDを3枚観ました!(暇ですねw)

さてこの映画はアメリカの映画です。

画像


Wikipediaで意味を見てみると 力学系の状態にわずかな変化を与えると、そのわずかな変化が無かった場合とは、その後の系の状態が大きく異なってしまうという現象。カオス理論で扱うカオス運動の予測困難性、初期値鋭敏性を意味する標語的、寓意的な表現である。

なにか難しい表現ですよね。 しかし、映画を観ると はまってしまったわけですよ。

(ここからはネタバレありなのでまだ観ていない方はご注意ください)

バックトゥザフューチャーって映画懐かしいですが、あのイメージに少し近い映画です。

あることが原因で過去に時間移動ができるのですが、過去を変えるたびに人生が変わり良くなるどころか

悪くなってしまう。 ジグソーパズルのような綿密に組み立てられた脚本には超感動しました!

バックトゥザフューチャーは少しパロディ的要素もありましたが、このバタフライ・エフェクトはシリアスなんです。

ある意味人間は「過去のあの場面であの出来事を逆にとらえていたら今はこうなっていたのに!」ってこと

いくつもありますよね。 しかしそれが全て良くなることとは限らないわけです。

この映画ではそんなことを思い知らされました!

是非お正月休みに観てみてはいかがでしょうか!  1・2・3 があります。













3v36u8@bma.biglobe.ne.jp

"バタフライ・エフェクトを観ました。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント