ホワイトバランスの強い味方CBLレンズ買いました!

この商品は簡単に言うとグレーカードみたいなものです!商品名は「CBLレンズ110」
世界初のフルカラーバランスコントロールの新技術採用した優れもの!

画像


裏面は見た目グレーでストロボを使って撮影するときに使います。

画像


使い方は簡単!カメラのホワイトバランスをマニュアルにして1枚写真撮るだけでOK

画像


私が購入したものは110cmバージョンですが、サイズは数種あります。

さっそく撮影してみました。

見た目の大きな違いが分かりにくいかもしれませんがアップしてみます。
ローソンの看板の色や濃度など違います。写真をクリックすると大きくなります。
AVモードです。

オートWB f/3.2
画像


マニュアルCBLレンズ
画像


写真クリックで拡大するとわかりやすいのですが、かなり違いますね!
看板も手前の草花もCBLを使うと目で見たままの色になります!

桜を撮影してみました。

オートWB
画像


マニュアルCBLレンズ
画像


もっとわかりやすい写真としては下記をご覧ください室内です。

オートWB
画像


マニュアルCBLレンズ
画像


イベントや結婚式会場など作られた照明や変化が多い時など、オートにしてばかりいると
前の撮影はロビーで次の撮影がイベント会場で・・・みたいな移動で 前の撮影モードを引き継いでしまう場合が
多々あります。 そうすると写真が赤くなったりしてしまいます。 特に人物写真の場合は、やはり肌は肌の色
衣装は衣装の色で見た目のカラーで撮りたいものです。

このCBLは11センチなのとストラップやベルトに取り付ける金具も付いているので、かさばらないし
持ち運びにも楽です。 

ちょっと価格は高いですが1万円以内で買える優れものだと思います。

また、私はムービーも撮るので スチールとムービー両方で今後使用していく予定です。

最近はフォトショップなども素晴らしいソフトに変貌しホワイトバランスが崩れていても
簡単に変更することができます。 しかし、元が狂っているものを正常に戻すより、元が大事だと思います。
無理に後から編集でいじると、ディテールまで変化したり、どこかにダメージが出ます。

特にポートレートやスポーツなど多くの枚数を撮影した場合、すべてを編集で修正するのは大変で
時間の無駄にもなりますねー

ひとつ持っているといいかもしれません。

詳細はメーカーサイトにて⇒こちら


"ホワイトバランスの強い味方CBLレンズ買いました!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント