映像と音声がずれる修正方法 PremierePro編

今回の記事は映像と音声がずれる修正方法です。

どのような場合に起きたかからお話しします。

クライアントからイベントの収録されたDVDをリッピングしそのデータが送信されてきて
その映像をプレミアプロへ呼び込み再生したところ、会話が音声と映像がずれていました。

リッピングされた動画の拡張子は、VOBです。

どちらもWindowsマシンで行っております。

まず初めに

AdobeメディアエンコーダーでデータをMP4へ変換してみました。
しかし音ずれはなおりません。

次に行ったのは、VLC Media Player(無料)をダウンロードし
ダウンロード先→ 
このソフトでmp4に変換しました。
想像以上に使えるレベルでmp4 h.264形式への変換が素早くきれいに行え
音声のずれもすべて解決しました。

v1.JPG


■VLCを使ってflvをmp4へ変換する方法■

① VLCを起動し、「メディア」から「変換 / 保存」を選択
② 追加ボタンをクリックし、変換したい動画ファイルを追加
③ 変換したい動画ファイルの登録後、「変換 / 保存」ボタンをクリック
④ 開始をクリック

これだけでOK 簡単でした!

これでもずれる場合は、VLCで書き出したものを再度 Adobeメデイアエンコーダで H264 に書き出してください。
これで修復できると思います。





"映像と音声がずれる修正方法 PremierePro編" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント